平成30年度 事業計画

平成30年度 事業計画

1.基本方針

 危機管理研究会神戸安全ネット会議では、会員それぞれの危機管理能力を向上させて、神戸全体の危機管理能力を向上させるために、結成以来、会員相互が協働のうえ、危機管理研究と連携体制づくりに取り組んできた。
上記目標を実現するため、次に掲げる取り組みを行う。

(1)南海トラフ巨大地震等に必要な研究の推進

  南海トラフ巨大地震や風水害等への対応に役立つような資料の収集・整理、研究に取り組む。

(2)その他危機管理体制の構築の研究の推進
コンプライアンスその他のテーマについて、資料の収集・整理、研究に取り組む。

2.活動内容

 平成30年度の具体的な活動として、下記の事業を行う。

(1)総会及び幹事会の運営

 ①総会(年1回)

  総会を開催し、予算・決算、事業計画など本会の運営の基本的事項を決定する。

 ②幹事会(随時)

  幹事会を開催し、総会で審議すべき事項の原案策定および講演会や自主研究その他の検討を行う。

(2)講演会

 会員にアンケートを実施し、その結果に基づいて、関心の高いテーマを選考し、講演会を3回程度開催する。外部講師を招聘し  ての講演会のほか、会員による研究発表・事例発表などを行う。

 第1回講演会

 ・「 変動帯日本列島に暮らす覚悟 」

 神戸大学海洋底探査センター センター長  巽 好幸 氏

(3)連携事業

 ・防災体験イベント

  ロープワークや火おこし、サバイバル食など、社員と家族がアウトドア感覚で楽しく学べる防災体験イベント「(仮称)ぼうさ

いきゃんぷ」を実施する。

 ・企業防災教育推進プログラム事業

  社内の防災教育を担う社員を育成し、社員とその家族への防災啓発を推進していくプログラム「地震イツモ講座」を、昨年度に

引き続き企画し、実施する。

(4)提案型事業補助

   会員の提案によるプロジェクト実施及び外部研修参加への経費補助。

(5)ホームページの運営

(6)施設見学

  防災関連施設の見学会や防災に関する先進地視察を実施する。

(7)その他

  危機管理に関する情報発信を行い、会員間の情報の共有を行う。

ページ上部へ戻る